低圧太陽光発電設備の突然のPCS停止に備えて

高圧太陽光発電設備なら電気主任技術者の方が対応するが・・・

低圧太陽光発電設備でPCSが突然停止したので現地を確認しほしいとの要望を受ける事が多々あります。高圧太陽光発電設備の場合は、電気主任技術者の方が発電所から2時間以内の場所にいる事が前提となっており、多くの場合は電気主任技術者の方が一時対応をされているかと思います。低圧太陽光発電設備の場合、気づいたらPCSが停止していた。事務所から太陽光発電所までかなり距離があり太陽光発電事業者の方が現地には行けない事から、施工会社へ依頼するも対応が1週間後といったケースも散見されます。

PCSが一台停止するだけで一日数万円の損失は発生するため、一日でも早い復旧をしたいという思いがかなわないこともあります。

地元にメンテナンス会社があればいいけれど・・・

低圧太陽光発電設備で急にPCSが停止した場合の対応など、素早く安く対応するためには地元に太陽光発電専業のメンテナンス会社がある事が望ましいところです。しかし、実際は太陽光発電システムをしっかり把握してない中で、突発的にメンテナンス会社へ正確に指示を連絡する事は難しく、現地に行けない中で地元のメンテナンス会社をどこまで信用できるのか判断できない部分があります。
そのため、どうしても信頼できる施工会社へ時間がかかって、費用が割高になっても頼らざるを得ない事業者の方は多くいらっしゃると思います。

太陽光専業メンテナンス会社との関係が備え

費用を抑えて、素早く対応が可能なメンテナンス会社は施工会社等の保守・メンテナンスのセカンドオピニオンであり突発対応のバックアップとなるため、そういった会社と関係を構築しておくことは事業者にとって備えとなります。

地方にネットワークを持つメンテナンス専業会社とは

メンテナンス専業会社の中には、太陽光発電システムを把握しトラブル対応になれた会社があります。そういった会社は地方の協力会社へ精密な指示が出来る為、大手施工会社より費用を抑えて迅速に対応する事が可能になります。しかし、そういった会社は少ない事とその会社が本当に対応できるのかといった信用・信頼の部分が判断に困るところとなります。

ポイントは面談

何かを会社へ依頼する際は、依頼する側が全て指示を出せる事は基本的に無いため、最終的にその会社が信用できるかどうか、現在の業務をしっかりやっていると思えるかどうかにかかっています。ですので、面談して信頼できる業者はもちろん、面談しやすい業者、面談に抵抗を持たない業者の選定が必要となってきます。太陽光メンテナンスサポートはそういった会社を目指しています。

サービス・価格

パネル洗浄作業 高圧・低圧太陽光発電所15万円~ 太陽光パネル専用洗浄機器を使用して、パネルの洗浄を行います。実施に当たっては、想定されるパネル洗浄効果、収益の…